松山は3番で初バーディー 東京五輪ゴルフ男子第1日

[ 2021年7月29日 09:48 ]

東京五輪ゴルフ男子第1日 ( 2021年7月29日    埼玉・霞ケ関CC=7447ヤード、パー71 )

<男子ゴルフ 第1ラウンド>気合のこもった表情の松山英樹(AP)
Photo By AP

 第1ラウンドが行われ、マスターズ王者の松山英樹(29=LEXUS)は1番をパーで発進した。

 松山は1番、2番をパーで終えた。3番パー4はティーショットをフェアウエー左のバンカーに打ち込んだが、第2打をピン奥3・5メートルにつけて初バーディーを奪った。

 松山は今月2日に新型コロナウイルス感染が判明し療養に専念。2週前の海外メジャー全英オープンも欠場しており、今大会が復帰戦となる。27日の会見では「金メダル目指して頑張りたい」と決意を示していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース