柔道 ウルフ・アロン 快勝で準決勝進出決める 男子100キロ級・井上康生以来の「金」へ

[ 2021年7月29日 13:02 ]

東京五輪第7日 柔道男子100キロ級 ( 2021年7月29日    日本武道館 )

柔道男子100キロ級、準々決勝でパルチクを破ったウルフ・アロン(右)(AP)
Photo By AP

 柔道男子100キロ級のウルフ・アロン(25=了徳寺大職)が、準々決勝でパルチク(イスラエル)を破り、準決勝へ進出した。同階級では日本男子監督を務める井上康生が制した2000年シドニー五輪以来となる金メダルを目指す。

 初戦の2回戦ではフラモフ(ウズベキスタン)に快勝。1分23秒に浮技で一本勝ちして、あっという間に決着をつけると、準々決勝でも、3分28秒に大内刈りで技ありを奪い、優勢勝ち。落ち着いた試合運びで、勝ち上がった。

 ◆ウルフ・アロン 1996年(平8)2月25日生まれ、東京都出身の25歳。6歳で柔道を始め、千葉・東海大浦安高―東海大。15、16年の講道館杯100キロ級連覇。世界選手権は17年優勝、18年5位、19年銅メダル。19年には体重無差別の全日本選手権で初優勝した。了徳寺大職。左組み。得意技は大内刈り、内股。東京五輪男子100キロ級代表。父が米国出身。1メートル81。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース