卓球準決勝の“中国応援団”は控え目 混合ダブルス決勝は無観客で大声援

[ 2021年7月29日 12:34 ]

26日、無観客で行われている卓球混合ダブルス決勝の会場に姿を見せた謎の中国応援団
Photo By スポニチ

 卓球の女子シングルス準決勝2試合が行われた。それぞれの試合に中国勢が出場したものの、混合ダブルス決勝で話題になった中国の応援団の姿はなかった。

 26日に行われた混合ダブルス決勝は、伊藤美誠・水谷隼組と対戦した許昕・劉詩ブンペアに声援を送る20人ほどの一団が観客席の一部を陣取った。組織委員会によると、中国の関係者による応援で、国旗など規定に違反する物やサイズではなかったという。しかし、無観客の中で、1点ごとに声を出し、中国の“ホーム”のような雰囲気を作り出す異様な光景を繰り広げた。

 この日の準決勝2試合は10人ほどの関係者が客席から見守り、拍手など控え目に応援した。巨大な国旗の姿もなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月29日のニュース