ロッテ・岡が自身初の逆転サヨナラ弾 「何が起こったかわからない」 0-5からの大逆転で6連勝!

[ 2021年4月21日 21:27 ]

パ・リーグ   ロッテ6ー5日本ハム ( 2021年4月21日    ZOZO )

<ロ・日(5)>9回2死一塁から岡はサヨナラ2ラン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテは9回に岡の逆転サヨナラ本塁打で6連勝を飾った。

 4―5で迎えた9回2死一塁でこの試合で無安打だった岡が日本ハムの杉浦が投じた2球目をバックスクリーンへ運ぶサヨナラ本塁打で試合を決めた。

 日本ハムの先発だったドラ1の伊藤は7回3失点の好投で勝利権利を持って降板もまたしてもプロ初勝利はお預けとなった。

 打線は4回まで相手先発のルーキー伊藤に無安打に抑えられていた。井口監督も「こういう試合が出来るということはチームに力がついている」と笑顔でうなずいた。

 ▼岡(自身初のサヨナラ弾に)興奮して、ちょっと何が起こったかわからないくらいです。今まで2三振してチームに貢献できなかったので、何とか後ろに回したい気持ちで行きました。まっすぐに負けないように、それだけ思って打席に入りました。本当に入ってくれという気持ちで走っていたので…実際に入って、興奮して何が起こったかという感じですね。なかなかこういう舞台ってないので、すごくうれしい気持ちでいっぱいです。チームの連勝も続いていますし、本当にいい雰囲気で野球ができていると思います。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース