頼れるベテラン、ヤクルト青木が先制の中前打 「大きいのを狙わず、コンパクトに」 

[ 2021年4月21日 20:19 ]

セ・リーグ   ヤクルトー広島 ( 2021年4月21日    マツダ )

<広・ヤ(5)>6回2死一、二塁、青木の中前打で生還しナインに迎えられる中村(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの頼れるベテランが均衡を破った。6回2死一、二塁。青木が1ボールから広島・床田の144キロやや外より低めの直球を中前にはじき返した。

 「打ったのはストレート。チャンスだったので大きいのを狙わず、コンパクトに打つことを心掛けました。良い集中力で打席に入れました」

 先制の適時打に一塁ベース上で表情を緩めると、自軍の三塁ベンチに向かって手を叩いて喜んでいた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月21日のニュース