レイズ筒香嘉智 2試合連続適時打 6回に中前2点適時打

[ 2021年4月21日 11:59 ]

ア・リーグ   レイズーロイヤルズ ( 2021年4月21日    セントピーターズバーグ )

レイズ 筒香嘉智
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智選手(29)は20日(日本時間21日)、セントピーターズバーグのカウフマン・スタジアムで行われたロイヤルズ戦で6番一塁で先発出場。第4打席、2試合連続の安打を放った。

 4点リードの6回、第4打席は無死二、三塁。バットを折りながらも中前へ2点適時打。ロ軍の右腕・ジマーの投球をとらえた。

 初回の第1打席は2死一、二塁の追加点のチャンスの場面。初球の暴投で走者は二、三塁へ進んでさらにチャンスが広がったが、二ゴロに倒れた。第2打席は4―0の2死満塁から押し出し四球で追加点をあげた。第3打席は一ゴロに倒れた。

 18日(日本時間19日)のヤンキース戦では剛腕コールから右中間に決勝二塁打を放った。7日以来の打点で通算103勝の相手エースをマウンドから引きずり降ろし、敵地での3連戦3連勝に貢献。試合前まで39打数6安打(打率・154)、17三振と苦しみ、直近3戦はベンチスタートという中で復調の兆しを見せる1発を放った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース