ソフトバンク 鷹の祭典ユニ&日程発表 周東「力強い感じ」

[ 2021年4月21日 14:34 ]

 ソフトバンクは21日、「鷹の祭典2021」の日程と専用ユニフォームを発表した。宮崎、北九州、大阪で各1試合、ペイペイドームでは6試合が開催される。

 専用ユニフォームのデザインは「鷹く!レッド2021」と名付けられ、ソフトバンクの勝負カラーのでもある「カチドキレッド」をベースにデザインされている。「チームとファンが一つになる」という意味を込めたネイビーブルーのストライプを配することで、パ・リーグ連覇そして、5年連続日本一を目指す。また、ネイビーブルーには、医療従事者を初めとするエッセンシャルワーカーの皆さまへの感謝の気持ちが込められている。

 会見に参加した周東は「色鮮やかで力強い感じ。塁に出て走り回るだけじゃなく、バッティングでも力強い部分を見てもらえたら」と意気込んだ。母国・キューバと同じ赤色のユニフォームに袖を通したモイネロは「とても気に入った。愛着が湧く」と笑顔を見せた。「鷹の祭典」は全9試合行われる。レッドユニフォームを身につけたナインの熱いプレーで球場のボルテージが上がりそうだ。

▽6月28日西武戦(京セラドーム)
▽6月30日西武戦(北九州市民球場)
▽7月9日~11日オリックス戦(ペイペイドーム)
▽7月12日~14日楽天戦(ペイペイドーム)
▽8月31日楽天戦(サンマリンスタジアム宮崎)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース