8連敗中のDeNA、5回まで勝野にノーヒット 15イニング連続無得点続く

[ 2021年4月21日 19:15 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2021年4月21日    横浜 )

<D・中5>4回1死二、三塁、阿部に左越え3ランを許し険しい表情を見せる三浦監督(中央左)らDeNAベンチ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 8連敗中(2分け挟む)のDeNA打線は中日の先発右腕・勝野に5回まで無安打無得点に抑えられ、15イニング連続無得点となった。

 3回2死まで完全投球に抑えられ、先発右腕・入江が自ら四球を選んで歩いたのが最初の出塁。だが、続く神里が二ゴロに終わってこの回も無得点に終わると、入江は直後の4回に一挙5点を失って降板。

 4回に2死から昨季セ・リーグ首位打者の主砲・佐野が四球で出塁するも試合前まで打率・322(リーグ3位)、6本塁打(同2位)、18打点(同1位)でこの日23歳の誕生日を迎えたドラフト2位ルーキーの牧が空振り三振。5回も3者凡退に終わり、勝野に5回までノーヒットノーランを許している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月21日のニュース