巨人・畠が8連勝の阪神止めた! 6回7K2失点で今季2勝目「自信になりました」

[ 2021年4月21日 21:43 ]

セ・リーグ   巨人3ー2阪神 ( 2021年4月21日    東京D )

<巨・神>お立ち台で笑顔を見せる(左から)岡本和、畠、吉川 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は21日、本拠地・東京ドームで阪神と対戦し3―2で逆転勝利した。

 先発の畠は初回に先頭の近本に先頭弾を浴びると、3番・マルテにも本塁打を打たれ、いきなり2被弾。それでも「何とか粘ろうと思って投げました」という言葉通り2回以降は走者を背負いながらも6回まで0を並べた。

 右翼手・梶谷、二塁手・吉川の好プレーにも助けられた畠は「いい当たりばっかり打たれたんですけど、野手の方に打撃面でも守備面でもたくさん助けられました」と感謝。ここまで8連勝と波に乗る阪神打線相手に6回7奪三振2失点の投球で今季2勝目を挙げた右腕は「自信になりました」と胸を張った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月21日のニュース