国学院大 リーグ戦初出場の1年生躍動!伊東3安打3打点、坂口は2回零封好救援

[ 2021年4月21日 05:30 ]

東都大学野球第4週第1日   国学院大7ー6青学大 ( 2021年4月20日    神宮 )

<青学大・国学院大>8回2死一、三塁、適時打を放つ国学院大・伊東(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 1回戦3試合が行われた。国学院大は青学大に7―6で勝利。ともにリーグ戦初出場の伊東光亮内野手(1年)が3安打3打点をマークし、坂口翔颯(かすが)投手(1年)は2回無安打無失点のデビューを飾った。中大は東洋大に2―10で敗れ、開幕7連勝はならなかった。

 2人の新人が抜てきに応える活躍を見せ、国学院大を勝利に導いた。鳥山泰孝監督は「4年間で考えたとき、デビューのタイミング」と1年生の伊東を「6番・二塁」で先発起用。2安打を放って迎えた同点の8回には2死一、三塁から右前へ決勝打と見事な神宮デビューを飾り「凄くうれしい」と喜んだ。

 2点リードの8回は無死一、二塁で同じく1年生右腕の坂口が救援。1死満塁からリーグ戦3本塁打の佐々木を中犠飛、4番・片山を一ゴロに抑えた。9回も続投し「“絶対に抑えたる”という気持ちでマウンドに向かった」と気迫の投球で3人で片付け、最速も146キロに更新した。采配が奏功した指揮官は「リーグ戦の流れを考えたときに今日のゲームは分岐点」と目を細めた。(柳内 遼平)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース