エンゼルス大谷 16日ぶりマウンドへ 75球前後の予定

[ 2021年4月21日 09:01 ]

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は20日(日本時間21日)、本拠地でのレンジャーズ戦に今季2度目の先発をする。右手中指にできたマメの影響で今季初先発となった4日(同5日)のホワイトソックス戦以来16日ぶりのマウンドとなる。マメの回復具合を考慮し75球前後の登板になる予定で打者としては出場しない。

 試合前にオンライン会見に応じたマット・ワイズ投手コーチは「状態は良いと思う。今夜投げる準備はできている」と期待を寄せた。

 大谷自身は19日(同20日)の試合後に「一番は点を与えないこと。(勝ち)星については打線との兼ね合いもある。点を最小限に抑えることは一番できるところ」と役割を全うする思い。18年5月20日のレイズ戦以来1066日ぶりの白星を目指し、最善を尽くす。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース