中日 相変わらずの貧打で大野雄見殺し 7回の絶好機いかせず、与田監督「点取れる戦術を僕がしなければ」

[ 2021年4月21日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0-0DeNA ( 2021年4月20日    横浜 )

<D・中>5回、ベンチの与田監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日は、打線が大野雄を見殺しにし、今季4度目の引き分け。3月28日の広島戦に続き、シーズン2度のスコアレスドローは2リーグ制以降、球団初と得点力不足を露呈した。

 7回は連打で無死一、三塁と好機をつくりながら無得点。相手守備陣は1点覚悟で併殺態勢だったが内野ゴロすら打てず、与田監督は「点を取れる戦術を僕がしなければいけないところ。何とか点を取れるように、しっかり采配を考えないと」とざんげした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース