巨人・テームズ来日初本塁打 2軍戦でバックスクリーン右へ豪快弾

[ 2021年4月21日 14:13 ]

イースタン   巨人―西武 ( 2021年4月21日    ジャイアンツ球場 )

巨人・テームズ
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人、エリック・テームズ外野手(34)が21日、ジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグ西武戦で来日初本塁打を放った。

 「3番・右翼」で先発出場。「打席でボールは良く見えている。ホームラン打てて良かった」と2回にニールの131キロのスライダーを捉え、バックスクリーン右へ放り込んだ。メジャー通算96発の期待の新助っ人が実戦5試合目、15打席目で自慢のパワーを見せつけた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース