ロッテ・山口 初のお立ち台で一句「時の人 ぺこぱに力 もらったよ」、8回V弾!5連勝貢献

[ 2021年4月21日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ8―4日本ハム ( 2021年4月20日    ZOZOマリン )

<ロ・日>初お立ち台の山口は得意の俳句を披露(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 俳句には季語が必要だが、川柳は特にこだわる必要もないという。4―4で迎えた8回に決勝の3号ソロを放ったロッテ・山口が、3年目で初のお立ち台へ。「時の人 ぺこぱに力 もらったよ」――。得意の「五・七・五」で気持ちを表現するとファンは沸いた。

 「楽しかった。ありのままでいられた」

 緊張はしなかったが、一句披露しようとしたところで、かんだ。ただ慌てない。試合前に始球式を行ったお笑いコンビ「ぺこぱ」のギャグ「時を戻そう」で、機転を利かし「テーク2」で成功した。

 「仕込んでないですよ。マイクが遅れて聞こえたので…。始球式の(打席での)ハーフスイングは要望があったので、しっかり仕込ませてもらいました」

 20歳の若武者は中学時代に「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」で佳作特別賞を受賞。そんな特技で人気上昇中だが、パンチ力も評価が急上昇中だ。決勝弾はリリーフエースの宮西の直球を右翼席へ運んだもの。「スライダーも頭にあった」と明かす一方で「振り遅れて当たった方が飛ぶ」と言う。これで3発中2本が逆方向へのアーチ。打率・189だが12四球と選球眼はいい。

 2分けを挟む5連勝で3位タイに浮上。井口監督も「彼(山口)の持ち味はどの方向でも本塁打できるところ」と称賛する。山口の「作品」が増えればチームも頂点に近づく。(横市 勇)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース