巨人の主砲が目覚めた! 岡本和2打席連発の同点3号ソロ 通算100号に王手

[ 2021年4月21日 19:01 ]

セ・リーグ   巨人ー阪神 ( 2021年4月21日    東京D )

<巨・神>4回1死、岡本は2打席連続となる左中間同点ソロホームランを放つ(投手・青柳)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人の主砲・岡本和真内野手(24)が21日、阪神戦(東京ドーム)で2打席連続本塁打を放った。

 試合前まで打率.192、1本塁打と調子が上がらない4番の岡本和が目覚めた。2点を追う2回、阪神先発・青柳の初球を捉えた。内角低めの見送ればボールというツーシームをすくい上げて左翼席に運び、8試合ぶりの2号ソロを放った。

 さらに1-2の4回。2回と同じく内角低めのツーシームを捉えた。まるでリプレーのような打球は左翼席に飛び込む2打席連続となる3号同点ソロとなった。これが通算99号で100本塁打にあと1とした。

 岡本和の2打席連発は20年11月7日のヤクルト戦(東京ドーム)以来となった。

 ▼岡本 打ったのはシュートです。同点に追いつくことができて良かったです。まだまだ頑張ります。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月21日のニュース