巨人ドラ1・平内、救援で1軍デビュー 3回0/3を1失点、被弾反省

[ 2021年4月21日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5ー10阪神 ( 2021年4月20日    東京D )

<巨・神>3回途中から登板した平内(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト1位・平内が1軍デビューを果たした。

 炎上した先発のサンチェスからバトンを受けて3回無死から登板。10年目を迎えた「橙魂デー」でオレンジのユニホームを着用し、3回0/3を1失点と力投した。

 最速150キロの直球を軸に5回まで無安打に抑えたが、1点差に迫った6回先頭のサンズに右中間席へのソロを被弾。「あの一発なく抑えていたら展開は変わっていたと思う」と反省した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月21日のニュース