西武・上間、4回3失点で初勝利お預け 辻監督「もっと強気に攻めてもらいたかった」

[ 2021年4月21日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3ー11オリックス ( 2021年4月20日    京セラD )

<オ・西>力投する西武の先発・上間(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 西武は投手陣が打ち込まれ、今季ワーストの17被安打で敗れた。プロ2度目の先発となった上間は4回8安打3失点で初勝利はお預け。2回までに3点を失ったが、4回は先頭の頓宮を見逃し三振に斬るなど、3者凡退に封じ「全体的には自分の投げたいところに投げられましたし、球自体も悪くなかった」と振り返った。

 一方で辻監督は「球威がそんなにあるわけじゃないから、もっと強気に攻めてもらいたかった」と注文。次回登板に関して「まだ考えていない」と話すにとどめた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース