中日・大野雄 勝てんけど五輪は当確の8回無失点 主会場の横浜で快投、稲葉監督「素晴らしい投球」

[ 2021年4月21日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0-0DeNA ( 2021年4月20日    横浜 )

<D・中>中日先発の大野雄(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 「我慢」の意味を辞書で調べると、「耐え忍ぶこと」とある。8回を無失点ながら、今季初勝利を逃した中日・大野雄は試合後、この言葉を繰り返した。

 「自分の投球は確実にできてきた。勝ちが付けば一番良かったが、今は我慢。チームも僕もファンも我慢ですね」

 序盤から自慢の直球を武器にDeNA打線を攻めた。最大のピンチだった4回2死一、三塁では牧の膝元に148キロを決めて見逃し三振。左拳を握って吠えた。

 「ストライクゾーンの中でしっかり勝負できた」と102球を投げ、無四球3安打。7回に味方が無死一、三塁の好機を逃しても「点を取るまでは我慢。点をやったら負け」と自らに言い聞かせ、大貫との投手戦を一歩も譲らなかった。

 視察に訪れていた侍ジャパンの稲葉篤紀監督も東京五輪の主会場となる横浜スタジアムでの快投に「今日は申し分ない。素晴らしい投球」と絶賛。その上で「今のところ先発として考えている」と明言した。

 今季初勝利こそお預けとなったが、侍の指揮官が見つめる前で、代表入り、そして先発起用に当確ランプをともす快投を展開。「目の前で抑えられて良かった。勝ちが付いてくれたら、もっと階段を上れる」と大野雄。五輪へのステップにはチームでの白星が必要不可欠だ。(徳原 麗奈)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース