巨人・原監督、サンチェスの投球&態度に「どういうふうにフォローしていいか分からない」

[ 2021年4月21日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5ー10阪神 ( 2021年4月20日    東京D )

<巨・神>8回、ベンチで浮かない表情の原監督(中央)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 手のひらを上に向け、親指以外の指を曲げる海外の「手招き」で早期降板させた。3回途中で球審に投手交代を告げる直前、巨人・原監督が立ち尽くすサンチェスに向けて行った動作だ。試合後、先発右腕に話が及ぶと怒りを通り越したように首をかしげた。

 「どういうふうにフォローしていいか分からない。スターターの役割ということでね」

 繊細ゆえに危ういドミニカンを象徴した場面は初回の佐藤輝への6球目だ。2ストライクから内角への際どい151キロ直球がボール判定されると不満を表すように何度も首を振った。直前にマルテに先制ソロを浴びてからの2者連続四球。2回以降も力み、イラつきが見て取れた。宮本投手チーフコーチは「気持ちを自分の中でしまってこそ良い投手」と試合後、厳しく注意したことを明かした。

 3回はマルテに2打席連続の2ランを被弾。大山にソロを浴びたところでベンチを出た原監督は報道陣の「立ち直ることができなかった?」という質問に「立ち直るというか、一回も立ってないじゃない」と答えた。助っ人右腕は2回0/3で5失点だった。

 計5被弾による力負けで連勝は6で止まり、阪神と4ゲーム差。「初戦にクリーンアップに4本も5本も打たれているようじゃいけませんよね。バッテリーコーチは何をしてんだということ」と原監督。最後まで厳しい言葉が続いた。(神田 佑)

 ▼巨人・岡本和(3回に追加点となる中前適時打)なんとか食らいついて打つことができた。打てて良かった。

 ▼巨人・松原(3回に右越え2ラン)点を取られた後にすぐ取り返せて良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース