やっぱり、ビシエド頼りになる! 貧打の中日に16イニングぶり得点もたらす 復帰後初の適時打

[ 2021年4月21日 18:43 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2021年4月21日    横浜 )

<D・中5>4回1死一、二塁、先制適時打を放つビシエド(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 中日が16イニングぶりの得点で先制点を奪った。

 4回1死一、二塁からビシエドが入江の初球を左前に運び、二塁走者の大島が生還。復帰後、初適時打が貴重な先制打となった主砲は笑顔。

 なおも1死一、二塁から高橋も左翼フェンス直撃の適時二塁打でリードを広げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月21日のニュース