阪神・ロハスが5回に来日初安打となる2点適時二塁打

[ 2021年4月21日 14:46 ]

ウエスタン・リーグ   ソフトバンク―阪神 ( 2021年4月21日    鳴尾浜 )

阪神のル・ロハス・ジュニア
Photo By スポニチ

 阪神のメル・ロハス・ジュニア外野手(30)が、5回に来日後、初安打となる適時二塁を放ち、初安打&初適時打&初打点を同時に記録した。

 2―9の5回1死満塁で迎えた第3打席。2ボールから2番手・中村亮の3球目をフルスイング。捉えた打球はを右翼手の頭上を越え、ワンバウンドでフェンスに直撃。三走・高寺と二走・小幡が生還する2点適時打とした。確かな手応えに、ロハスは二塁ベース上で大きくうなずいた。

 この日はここまで2打席に立つも、見逃し三振、空振り三振。それでも2打席で計15球を投げさせ、しっかりと目を慣らしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月21日のニュース