広島ジョンソンがバリントン超え 球団外国人投手最多の41勝

[ 2018年7月17日 08:31 ]

セ・リーグ   広島5―1中日 ( 2018年7月16日    ナゴヤD )

力投するジョンソン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 後半戦の開幕投手を託された広島・ジョンソンは7回1失点の好投で今季6勝目。通算41勝とし、並んでいたバリントンを超える球団外国人投手の最多勝利を更新した。

 「(トップになったことは)本当にうれしい。ただ、後半戦もまだまだ試合はあるので、全部勝つつもりで投げる」

 甚大な被害が出ている西日本豪雨のため、4日ヤクルト戦以来の登板となったが「体のキレを保つことを意識してやってきた」と問題なしを強調。言葉通り、2回2死目のアウトから5者連続三振を奪うなど相手打線を寄せ付けなかった。セ・リーグで唯一負け越している中日を、さらに苦手な敵地で撃破した価値は大きい。

 また、多くの被災者がいることを目にしているといい「勇気を与えられるように頑張っていく」と、さらなる快投を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース