ロッテ・福浦 10回二塁打も勝利つながらず…2000安打あと17

[ 2018年7月17日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―3楽天 ( 2018年7月16日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>延長10回無死、福浦が右中間に二塁打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテ・福浦和也内野手(42)は16日の楽天戦(ZOZOマリン)の1点を勝ち越されて迎えた延長10回無死、楽天の守護神・ハーマンから右中間二塁打。4月11日の西武戦(同)以来の長打で通算2000安打へ残りは17本だ。

 「(二塁まで)走らなかったら鳥越さん(ヘッドコーチ)に怒られるよ」

 ただ、無死一、二塁から三木のバント失敗など、得点にはつながらず「同点、逆転だったら最高だったけど、みんな悔しい気持ちはあると思う」と勝利へつながらなかった1本に笑顔はなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース