【佐賀】昨夏覇者の早稲田佐賀敗れる エース左腕・安在「初回が全て」

[ 2018年7月17日 12:27 ]

第100回全国高校野球選手権記念佐賀大会3回戦   龍谷4―0早稲田佐賀 ( 2018年7月17日    みどりの森県営 )

<早稲田佐賀・龍谷>3回戦で敗れた昨夏覇者の早稲田佐賀エース安在(中央)は龍谷・田中投手(背番11)と健闘をたたえ合う
Photo By スポニチ

 昨夏、甲子園に初出場した早稲田佐賀が3回戦で敗退した。エースの左腕・安在(3年)は初回に2四球で2死一、二塁とピンチを招くと、龍谷の5番・佐々木(3年)に右中間を破る2点三塁打を打たれた。続く6番・末宗(2年)にも適時左前打を許し、初回に3点を失った。

 2回以降は立ち直ったが、打線が援護できなかった。安在は「自分の最低限のピッチングはできたけど、やっぱり初回が全て」と肩を落とした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース