球宴で死球のハム中田 今季初の欠場「日に日に良くなっている」

[ 2018年7月17日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―1オリックス ( 2018年7月16日    京セラD )

イニング間にベンチ前で先制打のアルシア(左)と談笑する中田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 14日の球宴第1戦で中日・松坂の死球で左肘を打撲した日本ハム・中田が、今季初めて欠場した。

 試合前の練習まで先発出場の可能性を探ったが、痛みが残るためフリー打撃を回避。ベンチ入りしたが、出場予定はなかった。17日以降の出場も当日の様子を見ながら決める予定で「日に日に、(左肘の)状態は良くなっている」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース