ロッテの山室社長 球団売却を完全否定 ZOZO前沢氏が「プロ野球球団を持ちたい」表明も

[ 2018年7月17日 17:13 ]

ロッテの山室晋也社長
Photo By スポニチ

 ロッテの山室晋也社長(58)は17日、衣料品インターネット通販「ZOZO TOWN」を運営しているスタートトゥデイ社長の前沢友作氏(42)が、自身のツイッターで「プロ野球球団を持ちたいです」と表明したことについて報道陣の取材に応え、球団売却を完全否定した。

 「絶対に売却はありえないし、今後についてもありえない。(交渉の)テーブルにつくこともありません」

 本拠地ZOZOマリンは2016年12月から10年間、同社と年間3億1000万円のネーミングライツ契約が結ばれているが、契約は千葉市と結んだもの。山室社長は「(前沢氏と)ごあいさつは何度かさせていただいたが、込み入ったことは話したことはない。引き続き、地元企業として一緒にやっていきたい」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年7月17日のニュース