清宮、右肘張りと違和感で2軍欠場「大したことはない」

[ 2018年7月17日 05:30 ]

日本ハムの清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎外野手(19)が16日、右肘の張りと違和感のため、イースタン・リーグの楽天戦(鎌ケ谷)を欠場した。

 「大したことはない。大事を取って、今はやめとけぐらいのつもり。肘のケガはあまりない」と清宮。症状が出始めたのは今月4日頃からだったが、12日のフレッシュ球宴では本塁打を放っていた。「肘の違和感としか言えない。投げられない状態ではない」と荒木2軍監督。清宮は18日の同戦まで打撃練習および試合には出場せず、19日以降は状態を見て決める。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース