広島・九里が3連勝 7回途中降板に「投げ切れる投手になりたい」

[ 2018年7月17日 21:28 ]

セ・リーグ   広島5―1中日 ( 2018年7月17日    ナゴヤD )

力投する九里(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島の九里が7回途中1失点の好投。自身3連勝を飾った。

 「しっかりバッターに向かっていけた」と強気の投球で3回までを無安打。「目の前のアウトを一つずつ取ることができた」と投球内容に納得の表情を浮かべた。

 7回は先頭のアルモンテに二塁打を許し、福田に死球を与えたところで降板。「投げ切りたい気持ちはあったが、そこはしっかり受け止めて、投げ切れる投手になれるように頑張りたい。まだまだ練習が足りない」と3連勝にも満足した様子はなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース