女子プロ野球 年に1度の神宮開催!金田朋子・森渉夫妻が「超HAPPY」叫ぶ

[ 2018年7月17日 05:30 ]

日本女子プロ野球   埼玉アストライア8―7愛知ディオーネ ( 2018年7月16日    神宮 )

ウグイス嬢として選手名を絶叫した金田朋子(左)
Photo By スポニチ

 神宮球場で16日に行われた女子プロ野球リーグ・埼玉アストライア―愛知ディオーネ戦に、声優、タレントとして活躍する金田朋子(45)と俳優・森渉(34)夫妻が“日本一HAPPYな夫婦”としてゲスト出演し「明治神宮1万人超HAPPY!プロジェクト」を盛り上げた。

 金田は“ウグイス嬢”として、埼玉のスタメン発表を行ったが「嬢なんかカッコいいです。ウグイスに負けないように頑張ります」と自身のブログで話したように、金田は選手の紹介を行うたびに絶叫。スタンドからは大きな拍手と歓声があがった。

 一方、金田に負けじと夫の森は始球式を行った。「昔から始球式を行うのが夢だった」という森だったが、力みすぎで打者の西山の足にボールを当ててしまい、苦笑いとなった。

 また、3回終了後にはスタンド、グラウンドの来場者、選手たちと埼玉の応援ソング「ランバチッタ」を全員で踊る「HAPPY!ランバチッタチャレンジ」や、来場者に配布された「HAPPY!手ぬぐい」を掲げて「1万人でHAPPY!を叫ぼう」にも夫婦で参加。金田はこの日一番の大きな声で森とともに「超HAPPY」と叫び、年に一度の神宮開催を大いに盛り上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月17日のニュース