【東千葉】成田 プロ注目・田宮が3安打4打点 Aシード撃破「楽しめた」

[ 2018年7月17日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東千葉大会3回戦   成田13―3千葉黎明 ( 2018年7月16日    ゼットエー )

<成田・千葉黎明>2回1死満塁、2点適時打を放った成田・田宮(撮影者・福井 亮太)
Photo By スポニチ

 プロ注目の東千葉・成田の3番・田宮が3安打4打点の大暴れ。2回に中前打、3回は右越え二塁打、4回は右前打と3打席連続で適時打を放ち、初回の四球含め全4打席で出塁した。

 「打ったらヒーローになれると考えていた。チャンスを楽しめた」と笑顔だった。Aシードの千葉黎明に5回コールド勝ち。尾島治信監督は「(8対7で辛勝した)初戦の苦しみが生きた。ワンプレーの重みが選手に浸透している」と手応えを感じた様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース