【南埼玉】浦和学院 渡辺、今夏初登板3失点も最速タイ145キロ出た

[ 2018年7月17日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念南埼玉大会4回戦   浦和学院7―3朝霞西 ( 2018年7月16日    大宮公園 )

<浦和学院・朝霞西>浦和学院の2番手で登板した渡辺
Photo By スポニチ

 南埼玉・浦和学院の145キロ右腕・渡辺が今夏初登板。5回2死二、三塁から3番手で登板すると最速タイの145キロで右飛に仕留めた。

 6回は制球を乱して3失点も7回以降はリードを守り「最初は力んだが切り替えられた」。春に右肘を故障した影響で背番号11も1メートル90、90キロの恵まれた素材が評判を呼び、10球団が視察。広島の尾形佳紀スカウトは「大谷みたいになれる」と絶賛した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年7月17日のニュース