巨人・亀井、技あり2ラン 由伸監督絶賛「非常に大きい一発」

[ 2018年7月17日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―3阪神 ( 2018年7月16日    甲子園 )

8回無死一塁、左越えに2点本塁打を放つ亀井(投手・マテオ)(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 いぶし銀の活躍が光る巨人・亀井が貴重な追加点となる9号2ランを放った。

 2点リードの8回。無死一塁からマテオの初球151キロツーシームを「初球だったけど、甘く来たから思い切りいった。感触は良かった」と右翼ポール際に放り込んだ。結果的に1点差まで追い上げられ、高橋監督も「非常に大きい一発。今季はいいところでの一本が目立ちますね」と称賛した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース