【福島】聖光学院 日大東北に快勝ベスト8入り 夏12連覇へ前進

[ 2018年7月17日 17:05 ]

第100回全国高校野球選手権・福島大会 4回戦   聖光学院11―1日大東北 ( 2018年7月17日    いわきグリーン )

4回を1被安打で抑えた聖光学院・高坂
Photo By スポニチ

 夏12連覇を狙う聖光学院が日大東北を5回コールドで下した。

 初回は先発・高坂右京(3年)が2死から4者連続死四球で押し出し、先制を許す。しかし前日(16日)に訪れたいわき市内の海で「この海の大きさに比べたら俺たちの苦しみはちっぽけだ」と語り合ったことを思い出して切り替え。2回からは緩急をつけた思いきりの良い投球を見せた。4回を投げて1被安打、四死球は初回以降0と修正。ここまで2試合を43安打50得点の強力打線を封じた。

 打線も7番・星歩志(3年)が2安打3打点など、相手投手を攻略し、攻守で圧倒。斎藤智也監督(55)は「接戦を予想していたが、見事に逆らってくれた」と目を細めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース