【熊本】秀岳館 3年連続夏出場ならず 熊本工にコールド負け

[ 2018年7月17日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念熊本大会3回戦   秀岳館3―10熊本工 ( 2018年7月16日    県営八代 )

<秀岳館・熊本工>コールド負けに肩を落とす秀岳館ナイン
Photo By スポニチ

 熊本・秀岳館は3年連続の夏出場を狙ったが熊本工に3―10の7回コールド負け。先発の石川が9失点し、打線も3点止まりと援護できず橋口主将は「悔しい気持ち。相手の方が上だった」と完敗を認めた。

 16年春夏、17年春と3季連続で甲子園4強に導いた鍛治舎前監督から引き継いだ久木田拡吉監督は「(慢心は)多少なりともあったかもしれない」と肩を落とした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年7月17日のニュース