【南神奈川】藤沢翔陵 9回2点差逆転、第2シード撃破 宮川がV二塁打

[ 2018年7月17日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念南神奈川大会2回戦   藤沢翔陵6―5日大藤沢 ( 2018年7月16日    保土ケ谷 )

<藤沢翔陵・日大藤沢>試合に勝利し、藤沢翔陵ナインに「川俣コール」で迎えられる川俣監督=中央(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 南神奈川・藤沢翔陵は最後まで諦めない姿勢が勝利を呼んだ。2点を追う9回表1死一塁から、3番・里倉、4番・羽立の連続適時二塁打で同点に追いつく。さらに2死二塁から「自分が決めてやろうと思った」と6番・宮川がこの日4安打目となる決勝の左越え適時二塁打を放ち、第2シードの日大藤沢を下した。

 試合後、選手たちからの川俣コールで迎えられた元ロッテ、阪神の川俣浩明監督は「(前日勝利した)Y校(横浜商)が三塁側に勝ち運を残してくれたのかな」とし「積極的に振ってプレッシャーをかけられた」と16安打の猛攻に目を細めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース