マー君粘投2失点 同点被弾反省「チームの勢い殺してしまう」

[ 2018年7月17日 05:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース2―5インディアンス ( 2018年7月15日    クリーブランド )

インディアンス戦の7回途中、降板するヤンキース・田中(中央)
Photo By 共同

 ヤンキース・田中が再び1球を悔やんだ。2―0の4回、4番エンカーナシオンに2ランを被弾。前回登板でも味方の援護の直後に同点弾を浴びており、「チームの勢いを殺してしまうような点の取られ方」と猛省した。

 一方で6回1/3を6安打2失点、5奪三振は上々の内容。両太腿裏の張りで1カ月離脱したものの、最近11登板で5勝0敗(防御率3・98)と安定している。逆転優勝への鍵を握る右腕は「まだまだできる」と誓った。(杉浦大介通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース