PR:

ZOZO前沢社長「プロ野球球団持ちたい」今オフ球界に提案へ ネットは歓迎「新しい風に期待」

 衣料品インターネット通販「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイ社長の前沢友作氏(42)が17日、自身のツイッターを更新し、プロ野球球団運営への意欲を示した。

 この日午前のツイートで「ロシアW杯からのapbankフェス。スポーツと音楽が人と人を繋げ、国境や人種や性別を超え、僕たちに夢や希望や力を与えてくれる。素晴らしい、もっと感じていたい、もっと深く携わりたい。そんなことを強く思い、どうしても公言したい【大きな願望】があります」とつぶやいていた前沢氏。

 正午に更新したツイートで、あらためて【大きな願望】と切り出し「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい」と公言。シーズンオフに球界へ提案するためのプランを作るとし「皆さまの意見も参考にさせてください。そこから一緒に作りましょう!」とファンへ呼び掛けた。

 前沢氏の「プロ野球球団を持ちたい」との宣言に。、ファンも好感。「スタートトゥデイ」はプロ野球ロッテの本拠地のネーミングライツを取得し名称を「ZOZOマリンスタジアム」としているなど、すでにロッテ球団とのかかわりがあるだけに「マリーンズ球団を日本で一番カッコいい球団にしてください」「千葉から新しい風を吹かせてくれることを期待」との声が上がったほか、四国や山陰地方に球団をつくってほしいとの要望、また、韓国や台湾、中国とのアジアリーグの構想や、サッカー、バスケットなど野球以外のクラブ設立の希望など、さまざまな反応が沸き上がっている。

[ 2018年7月17日 13:52 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム