大阪ガス 悲願初Vへ「足攻」 青柳が躍動「とにかく走って」

[ 2018年7月17日 14:28 ]

スポニチ後援第89回都市対抗野球   大阪ガス8―2信越硬式野球クラブ ( 2018年7月17日    東京D )

 今度こそ、シルバーコレクターを返上だ。悲願の初優勝を狙う大阪ガス(大阪市)が、徹底した「足攻」で信越硬式野球クラブを下した。

 「チームとして“いけたらいけ”というスタイル。とにかく走ってやろうと思っていた」。そう振り返ったのは1番・青柳だ。初回に先頭打者として四球で出塁すると、すぐさま初球に二盗に成功。そして2番・小深田の中前打で先制のホームを踏んだ。

 2回にも1死から三塁失策で塁に出ると、今度は次打者の2球目に二盗。右飛で三塁に進み、相手暴投でホームインと無安打で1点をもぎ取った。

 「初回から好き勝手に走ってたね。今年はずっとそういう戦いをしているので」と橋口博一監督。チームはこれまで、準優勝が2度。日本選手権も準Vが3度で、いずれも頂点に立ったことはない。今回はシルバーコレクター返上のチャンス。指揮官は「その気になっていきたい。てっぺんを目指して頑張る」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース