DeNA逆転負け 守護神・山崎が大誤算「毎年夏場に成績が良くない」

[ 2018年7月17日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2―5ヤクルト ( 2018年7月16日    横浜 )

逆転され、降板する山崎(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは1―0の9回を託した抑えの山崎が5失点と大誤算で逆転負け。不運な安打で走者をため、5長短打を浴びた。

 「毎年夏場に成績が良くないと言われる。壁を乗り越えて成長したい」と山崎。先発バリオスが1回0/3で負傷降板も、オリックスから移籍後初出場の捕手・伊藤が5投手を無失点リレーに導いていた。「山崎は不運な部分もあり全く心配はしていない。伊藤は配球が非常に良かった」とラミレス監督はさばさばと振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース