【東東京】帝京圧勝 トラン、夏初戦で先頭弾!前田監督も驚き

[ 2018年7月17日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東東京大会3回戦   帝京9―0海城 ( 2018年7月16日    神宮 )

<帝京・海城>1回無死、右越え先頭打者本塁打を放つ帝京・トラン(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の地方大会は16日、50大会333試合が行われた。東東京大会では7年ぶり甲子園出場を目指す帝京が海城を下し、初戦突破。トラン・ヒー・キエン外野手(3年)が初回に先頭打者本塁打を放つ活躍を見せた。南埼玉大会では川口市立が埼玉栄とのシード校対決を制し、8強に進出した。17日は35大会180試合が行われる。

 いきなりのビッグアーチだった。初回先頭のトランはカウント3―2からの7球目の直球を振り抜いた。打球は大きな放物線を描き、右翼席で弾んだ。

 「チームが流れに乗るように集中して入った。コンパクトに直球を打てた」

 練習試合などで本塁打を打ったことはあるが「公式戦でホームランは初めて」と驚きの一発で初戦の緊張は解けた。2回に右前打で、4回も四球を選び2安打3得点と1番打者としての役目を果たした。昨秋から4番や6番を務めてきたが、1番も公式戦で初めて。抜てきした45年間指揮を執る前田三夫監督も「夏の初戦の初回先頭打者本塁打はないと思う」と目を丸くした。

 20年前に来日したベトナム人の父と母を持つ。自宅では両親はベトナム語を話すが、トランは日本語を話す。小学4年の時に「野球がやりたい」と志願。日本暮らしに慣れない母のトラン・トリンさん(43)は資金がかかることから反対し、何度もけんかもしたが熱意で押し切った。今は全力で応援してくれている。その母の誕生日は19日で「いつもお世話になっているので打ててよかった」と笑い、母も「感動した」と涙を浮かべた。

 「憧れはソフトバンクの柳田」。同じ左打ちとして「タイミングの取り方や構えを参考にしている」と動画を見て研究。冬には筋力トレーニングで下半身を鍛え「成果が出た」と飛距離を実感した。

 11年以来となる夏の甲子園を目指す。大きな可能性を秘めた選手が帝京にはいる。(武本 万里絵)

 【トラン・ヒー・キエン】

 ☆生まれ 2000年(平12)6月7日生まれ、埼玉県吉川市出身の18歳。両親ともにベトナム人のベトナム国籍。左投げ左打ち。1メートル79、80キロ。家族構成は父、母、兄。

 ☆球歴 小4から野球を始める。吉川中央中時代は荒川尾久ボーイズに所属し、投手として活躍。帝京では外野手で2年春からベンチ入り。新チームでレギュラーとなった。

 ☆50メートル、遠投 50メートルは6秒6、遠投は中学時点で90メートル。今では「100メートル?投げられると思います」。

 ☆好きなもの 好きな食べ物はバナナで「一日2、3本食べる」。趣味は筋トレ。「自分を追い込むのが好き」

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース