【三重】菰野のプロ注目右腕・田中、自己MAXタイ150キロ!岡林は2打席連発

[ 2018年7月17日 15:33 ]

第100回全国高校野球選手権記念 三重大会2回戦   菰野12―0伊勢 ( 2018年7月17日    津市営 )

<菰野・伊勢>プロ注目の田中は豪球で伊勢打線を3回1安打に抑える(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補右腕の菰野・田中法彦投手(3年)が先発し、球場表示で自己最速に並ぶ150キロを計測。3回を1安打無失点に抑えた。

 打線はU18高校日本代表の第1次候補に選ばれている岡林勇希外野手(2年)の2打席連続本塁打などで12点を奪った。

 戸田直光監督は「打つ方は良くなってきていたが、それを維持できていた。初戦ということを意識せず、リラックスしてできたと思う」と振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース