【ファーム情報】ロッテ 香月の逆転3ランで巨人下す 中日は広島にサヨナラ勝ち

[ 2018年7月17日 23:00 ]

 プロ野球のファームは17日、ナイターを含めてイースタン、ウエスタン両リーグで5試合が行われた。

 ロッテはイースタン首位の巨人に6―5で逆転勝ち。7回に香月が森福から逆転の3号3ランを放った。宗接も5号ソロ。先発・成田は2回2/3を5安打5失点。2番手・大隣が4回1/3を3安打無失点で1勝目を挙げた。巨人はマルティネスが13号ソロ。先発のドラフト1位・鍬原は2回1/3を5安打1失点で、3番手・森福が1回3安打3失点で2敗目(2勝)。

 ヤクルトはDeNA戦(ベイスターズ)に7―3。広岡が8回の3号同点ソロなど2打点。先発・館山は3回5安打3失点で、4番手・秋吉が1回無安打無失点で2勝目を挙げた。DeNAは神里が3安打1打点、楠本が2安打2打点。先発・井納は5回2安打無失点で、1回3安打4失点のエスコバーが2敗目。

 日本ハムは楽天戦(鎌ケ谷)に6―4。3回に黒羽根が先制の2号ソロ。姫野が3安打1打点と活躍した。先発・吉田は5回7安打3失点(自責2)で2勝目(9敗1セーブ)。楽天は先発・石橋が6回8安打4失点で3敗目(1勝)。ディクソンが6号ソロ、ルーキー岩見が9号ソロを放った。

 ソフトバンクはウエスタン首位の阪神戦(タマスタ筑後)に5―2。真砂が2回に6号ソロを放つなど2安打2打点。先発・東浜は4回1/3を1安打無失点。2番手・大竹が1回2/3を無安打無失点でリーグ単独トップの8勝目(1セーブ)を挙げた。阪神は先発・呂彦青が4回8安打5失点で2敗目(1勝1セーブ)。

 中日は広島戦(ナゴヤ)の延長10回、4―3でサヨナラ勝ち。1死二塁で途中出場の伊藤康がサヨナラの左越え二塁打を放った。3番手の三ツ間が1回無安打無失点で3勝目(1敗1セーブ)。広島は岩本が2安打3打点。6番手の藤井皓が1回1/3を2安打1失点で1敗目(5セーブ)。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース