「スカパー・サヨナラ賞」ヤクルト・山田哲が初受賞「野球人生の中でも印象に残る一打」

[ 2018年7月17日 17:21 ]

サヨナラ3ランを放つ山田哲
Photo By スポニチ

 最も印象深いサヨナラ打を放った打者を表彰する6月度の「スカパー・サヨナラ賞」(協賛・スカパーJSAT株式会社)が発表され、セ・リーグはヤクルトの山田哲人内野手(26)が初受賞した。

 横浜スタジアムでのDeNA戦前に会見を行い、トロフィーと賞金30万円が贈られた山田哲は「非常にうれしいです。サヨナラ本塁打は初めてだったので、野球人生の中でも印象に残る一打でした。打ててうれしく思っています。野球をやっていてよかったと思いました」と笑顔を見せた。

 受賞した試合は6月28日の中日戦(神宮)で9回1死一、二塁に田島から左中間へ劇的なサヨナラ弾。プロ8年目で初のサヨナラ打だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース