ソフトB新外国人ミランダ 来日即8発大勝を目撃「いいチームに来た」

[ 2018年7月17日 14:01 ]

ソフトバンク入団会見でポーズを取るアリエル・ミランダ(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの新外国人、アリエル・ミランダ投手(29)が、ヤフオクドームで入団会見を行った。キューバ出身の左腕は「いいチームに来た。優勝に貢献できるように頑張ります」と意気込みを口にした。

 前日に来日し、ヤフオクドームでの西武戦を観戦。球団タイ記録の8本塁打で大勝する展開に「凄い打線。強いチームだなと感じた」と話した。

 1メートル88のミランダは16年にオリオールズでメジャーデビュー。その後はマリナーズに移籍しメジャー3年間で44試合に登板し、13勝9敗、防御率4・72の成績を残した。

 三笠杉彦球団統括本部本部長は「先発でもリリーフでも活躍できる。その点を評価している。持てる力を発揮してチームの勝利に貢献してもらいたい」と期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース