ハム有原、魂の完投 地元広島へ思い込めた「一日でも早く元通りに」

[ 2018年7月17日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―1オリックス ( 2018年7月16日    京セラD )

9回1失点の好投で完投勝利し捕手・石川亮とタッチを交わす有原(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 最後の力を振り絞った。9回2死一、三塁で打席にはマレーロ。日本ハム・有原は一発出れば同点の場面で150キロ直球を投げ込み、最後はスライダーで遊ゴロに仕留めた。121球。1失点の今季初完投で6勝目を挙げ「前半戦は迷惑をかけた。後半戦開幕を任されたからには頑張りたい。完投は自分でもいくものだと思っていた」と力強く言った。

 広島市佐伯区出身の右腕にとって、心を痛める日々が続いている。西日本を襲った未曽有の豪雨。実家や知り合いは無事が確認されたものの、テレビを通じ信じたくない光景が次々と広がった。試合前には栗山、福良両監督らが京セラドーム入り口で募金箱の前に立ち、支援活動を行った。有原は登板前でできなかったが、マウンドで腕を振り続けた。

 「何と言っていいか分からない。勇気、元気を与えられるよう、僕らは必死にプレーするだけ。凄く大変だと思うけど、一日でも早く元通りになりますように」。故郷を思うからこそ、真剣な表情で言葉を絞り出した。

 開幕投手を期待された今季は右肩痛で出遅れた。さらに先発で結果が出ず、一時は守護神も経験。先発復帰後は2連勝でようやく完全復活へ踏み出した。

 「後半戦でしっかり貢献する」と有原。チームは4連勝で今季最多の貯金11とし、首位・西武に1・5ゲーム差に迫った。大谷がメジャー移籍した今季、エース格になった4年目右腕が2年ぶりのリーグ制覇に導く。 (伊藤 幸男)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース