【東兵庫】報徳学園 小園、2安打2得点で快勝呼んだ 早くも次戦に切り替え

[ 2018年7月17日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東兵庫大会2回戦   報徳学園9―2伊丹西 ( 2018年7月16日    明石トーカロ )

<報徳学園・伊丹西>7回1死二塁、報徳学園・小園が適時二塁打を放つ(撮影・神原 有沙)
Photo By スポニチ

 豊かな才能を存分に見せつけた。プロ注目の東兵庫・報徳学園の小園が2安打2得点で打線をけん引。快勝発進を決め、「次の試合はもっと厳しくなる。今日のことは置いて、次のことを考えたい」と即座に気持ちを切り替えた。

 積極性で勝利への道筋を付けた。「自分が塁に出れば、得点に結びつく。初球から行くと決めていました」。初回先頭打者では初球のカーブを強振。右前打で出塁し、3番・長尾の右中間三塁打で先制の本塁を踏んだ。8―2の7回1死二塁では中越えの大飛球を放ち、一気に本塁へ。二塁走者が生還した時点でコールドが成立して記録上は二塁打だったが、持ち味の俊足も示した。

 スタンドでは阪神、広島など6球団のスカウト陣が見守った。阪神・熊野輝光スカウトは「魅力は走攻守、全部。どれを取ってもレベルが一つ高い」と絶賛。そのうえで「ショートでは抜けた存在だし、上位でなければ取れない」とドラフト上位指名候補であることを改めて明言した。

 1県2代表となった過去2度の記念大会ではともに東兵庫大会で優勝。「僕が流れを作れば、初回のように点が入る。初回の先頭を意識していきたい」。絶対のリードオフマンが報徳を8年ぶり15度目の聖地へ導く。(桜井 克也)

 ≪阪神・糸井のはとこ辰徳が3打点≫阪神・糸井のはとこにあたる糸井辰徳が3打数3安打3打点で貢献した。1―0の初回1死一、三塁での左前打を皮切りに2、4回にも適時打。「打撃は落ち着いてできた」と糸井同様の分厚い胸を張った。父・章裕さんと糸井の父がいとこで、京都府宮津市の両実家は「歩いて1分くらい」の距離。大会前にはメールで「全力でやれば、しっかり結果はついてくる」と激励され、「嘉男さんは人一倍、努力すると聞いています。見習いたい」と笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース