【岩手】高田 2年ぶり8強ならず 2番手・菅野好投も無念

[ 2018年7月17日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念岩手大会4回戦   高田2―5一関学院 ( 2018年7月16日    花巻 )

 岩手・高田は勝てば2年ぶりの8強進出だったが、強豪・一関学院に2―5で競り負けた。2回までに4失点。2番手の菅野が好投したが、中盤以降、打線にあと1本が出なかった。

 主将の蒲生は「負ける気がしなかった。(相手との違いは)自分たちを信じることができたか、できなかったか」と悔しそう。大学で野球を続けることを希望しており「これからは勉強を頑張ります」と話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月17日のニュース