巨人・阿部 9回ガチンコV打 後半戦白星発進で5割復帰

[ 2016年7月18日 20:44 ]

<神・巨(14)>9回2死二塁、阿部が左前打に勝ち越し適時打を放つ

セ・リーグ 巨人2―1阪神

(7月18日 甲子園)
 巨人は同点の9回に阿部の左前適時打で勝ち越し、阪神に競り勝った。

 この回から登板した2番手・ドリスを攻め安打と野選で無死一、二塁とした。ここで4番・長野は送りバントを試みたが、2ストライクと追い込まれたところで代走・鈴木が飛び出し、さらに長野も投ゴロに倒れた。2死二塁となったが、阿部がしぶとく三遊間を破り勝ち越した。

 巨人は後半戦白星発進で6月16日以来の5割復帰。この日、首位・広島も勝ったため、10ゲーム差は変わらなかったが、6日のお立ち台で「広島とガチンコでいきたい」と話した阿部の一打で、逆転優勝へ突き進む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース