【埼玉】埼玉栄 1年生6人で川越東撃破 ダルら育てた名将が指揮

[ 2016年7月18日 05:30 ]

<川越東・埼玉栄>1年生ながら4番でスタメン出場し1安打を放った埼玉栄・鈴木

第98回全国高校野球選手権埼玉大会3回戦 埼玉栄5―3川越東

(7月17日 大宮公園)
 埼玉栄は1年生たちが躍動した。初めて4番を務めた1年生4番の鈴木は3打数1安打。7回に左前打を放ち、「最初は力が入っていたが、回を重ねると自分のスイングができるようになった」と振り返った。

 鈴木だけではなく、この日は遊撃・海崎(かいざき)、三塁・茶屋、先発に米倉と4人の1年生がスタメンにズラリ。海崎と茶屋も1安打。ダルビッシュら多くの教え子をプロに輩出した若生正広監督は東北時代に高井(現ヤクルト)、九州国際大付時代に清水(現日本ハム)をそれぞれ1年生4番に据えたことがあったが「これだけ多く1年生を先発に使ったのは記憶にない」という。

 投げては先発の米倉から同じ1年生の嶋田に継投し、代打で適時打を放った渡部も含めると6人の1年生が出場。川越東との強豪対決を制し、指揮官は「1年生だがみんなよくやっている」とねぎらった。 (榊 麗菜)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース