【東東京】帝京 終盤に底力、9点快勝 7番・秋葉が3安打3打点

[ 2016年7月18日 16:24 ]

第98回全国高校野球選手権・東東京大会4回戦 帝京9―4城西

(7月18日 神宮)
 中盤まで接戦を演じたが、終盤に底力を見せて帝京が5回戦進出。

 打線が13安打と爆発した中で、7番・秋葉が4打数3安打3打点。「まず勝ったのがうれしい。投手が1年生だったので打線が援護しなければと思っていた」。

 今春は4番を務めたが、結果が出ずに今大会は下位打線に回る。1日1000スイング以上振り込んで大会に備えてきた。ドラフト候補の5番・郡(こおり)とは中学時代からのチームメートだが「中学時代は自分の方が上だと思っていたが…。刺激されている」とライバル心を燃やしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月18日のニュース